• SPA&HOTEL水春 image1
  • SPA&HOTEL水春 image2
  • SPA&HOTEL水春 image3
  • SPA&HOTEL水春 image4
  • ©Photo: Masato Chiba

Work #11

SPA&HOTEL水春

Liked 43
SPA&HOTEL水春 thumbnail1

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail2

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail3

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail4

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail5

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail6

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail7

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail8

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail9

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail10

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail11

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail12

©Photo: Masato Chiba

SPA&HOTEL水春 thumbnail13

©Photo: Masato Chiba

山﨑 健太郎 / YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

Architect

山﨑 健太郎

YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

施工地域
京都府京田辺市(日本)
施工年
2018
カテゴリー
商業ビル , ホテル/旅馆

クライアントは、これまで多くの温浴施設を展開されてきており、今回の計画では、主要事業である温浴機能に、スパやフィットネス、レストラン、ホテル事業を加えた初の複合施設の計画である。私たちは、デザインアーキテクトとして参画し、従来の温浴施設の主目的である癒しを楽しむ施設から、日常の暮らしを拡張してくれる居場所となるようにデザインを展開していった。例えば、施設の中心となるロビーは、仕事をしたり、話しをしたり、お茶を飲んだり、様々な楽しみ方ができるような空間となっている。また施設の象徴となるように、大きな水盤越しに庭を眺められる空間を作り、昔の銭湯にある富士山を眺めるように、いろんな世代の利用者が共有できる風景になるような空間を目指している。