• 山のセカンドハウス image1
  • 山のセカンドハウス image2
  • 山のセカンドハウス image3
  • 山のセカンドハウス image4
  • ©Photo: GEN INOUE

Work #43

山のセカンドハウス

Liked 43
山のセカンドハウス thumbnail1

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail2

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail3

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail4

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail5

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail6

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail7

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail8

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail9

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail10

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail11

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail12

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail13

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail14

©Photo: GEN INOUE

山のセカンドハウス thumbnail15

©Photo: GEN INOUE

井上 玄 / GEN INOUE

Architect

井上 玄

GEN INOUE

施工地域
神奈川県足柄上郡(日本)
施工年
2016
カテゴリー
戸建/別荘

「山のセカンドハウス」は、核家族が週末に利用するセカンドハウスであり、私にとってこの場所は、情報に埋もれ時間に追われる“日常”から離れ、自然の中に身を置いて自分と向き合い創造力を膨らませることができる空間、リトリートとしての居場所である。
まず、南北方向に連続する自然を建築に取り込み、素材や光の入れ方、空間のプロポーション、外部空間の挿入など、それぞれの空間に違いが出るように計画し、7つの「ルーム」を東西方向に配置した。また、「ルーム」を貫くかたちで「窓」が計画され、様々な関係性をうみ出している。異なる大きさ・位置に設けられた「窓」は、見通せるルーム数や切り取り方に違いがあるだけでなく、1つの「窓」から複数の深度が同時に見えるようになっている。1つの「ルーム」を南北方向に移動すると、様々な「窓」を通して、他の「ルーム」とは無関係な位置、気配だけを感じられる位置、垣間見える位置、アクティビティ全体を把握できる位置と、他の「ルーム」との関係性を調整できる。
この「窓」を通して、家族との距離感を調整できること。様々な空間や家族のアクティビティが多角的に重なり合って感じられる体験。別々のアクティビティの様子が見えずとも間接的に繋がっていること。これらをセカンドハウスならではの空間体験と家族の繋がり方として提案した。

竣工年 : 2016年11月
構造階数 : 鉄骨造、2階建て
敷地面積 : 395.71㎡(119.91坪)
延床面積 : 139.99m²(42.42坪)
建築面積 : 141.37m²(42.83坪)
設計監理 : (株) GEN INOUE(担当:宇谷淳)
構造設計 : 木下洋介構造設計室
照明計画 : マントルデザイン
施工会社 : 有限会社テクノアート
掲載等:SKY DESIGN AWARD 入選、照明学会審査員特別賞受賞、I’m home表紙掲載、渡辺篤史の建もの探訪 TV放映