• 八幡の家 image1
  • 八幡の家 image2
  • 八幡の家 image3
  • 八幡の家 image4
  • ©Photo: Toshiyuki Yano

Work #84

八幡の家

Liked 43
八幡の家 thumbnail1

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail2

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail3

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail4

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail5

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail6

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail7

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail8

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail9

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail10

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail11

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail12

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail13

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail14

©Photo: Toshiyuki Yano

八幡の家 thumbnail15

©Photo: Toshiyuki Yano

小松 隼人 / HAYATO KOMATSU ARCHITECTS

Architect

小松 隼人

HAYATO KOMATSU ARCHITECTS

施工地域
広島県広島市(日本)
施工年
2018
カテゴリー
戸建/別荘

多方向の景色を繋ぐ

広島市の郊外地に計画しました住宅です。敷地の西側は八幡川が流れ、北側に目を向けると、湯来温泉に繋がる山並みを望むことができます。さらに南隣は実家の 雑木林が敷地と連続し、多方向に景色が楽しめる豊かな環境でした。建主はこれまで暮らしてきた市内中心部の住まいを離れ、豊かな自然環境とともに趣味のアウ トドアや植物たちに囲まれた生活を送ることができるこの場所を選ばれました。今回の計画では「多方向に景色が繋がる住宅」として、各方位に合わせた固有の見 せ方を考えながら全体を構成しています。つまり「暮らしと景色をつなぐ結節点」のような住宅がこの場所にふさわしいのではと考え、計画を進めていきました。

【南方向】
正面に見える実家の雑木林とのつながりをつくるためにL字型の南庭とLDKを配置しました。LDKの開口は庭に合わせてL字に開放できます。また庭と合わせて奥行 きの深い軒下空間をつくり、日射調整を行うとともに植物たちの雨除けとしての機能も果たしています。さらにリビングの延長として客席のような大階段をつくる ことにより、昇降の機能としてだけではなく、腰をかけることで庭の景色を楽しむことができる空間としました。
【西方向】
西方向の景色は八幡川を望むことができますが、川沿いの交通量が多く視線と日中の騒音が大きいことを考慮して「傾斜塀」を立てました。塀を斜めに切ることで 「開く」「閉じる」の中間的な状況となり、閉じながらも視線の抜けた景色を楽しむことができます。さらに屋根と合わせた塀の勾配が建物と一体的な繋がりをつ くり出すとともに、遠景に見える山並みとの調和を図っています。2階のバルコニーからは八幡川とその遠景を望むことができます。
【北方向】
湯来温泉に繋がる山並みを望むことができます。階段の踊り場を拡張し、カウンター設けて書斎エリアとしました。階段の昇降だけでなく、景色の移ろいを感じな がら読書などを楽しむことができます。南側のサッシと書斎カウンター上のサッシを開放することで南北に風が通り、さらに2階廊下のサッシも開放することで、上 下方向にも風が通る計画としています。

来客の多い建主にとっては、客人にリビングだけではなく、様々な場所で寛いでいただくための空間が大切な住まいの要素となります。場所を固定しない、風景を 限定しない暮らし方が、家族で築く新たな住まいだと考えています。