• 海を臨む伊豆の家 image1
  • 海を臨む伊豆の家 image2
  • 海を臨む伊豆の家 image3
  • 海を臨む伊豆の家 image4
  • ©Photo: Stirling Elmendorf

Work #38

海を臨む伊豆の家

Liked 43
海を臨む伊豆の家 thumbnail1

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail2

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail3

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail4

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail5

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail6

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail7

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail8

©Photo: Stirling Elmendorf

海を臨む伊豆の家 thumbnail9

©Photo: Stirling Elmendorf

平岡 美香 / Hiraoka Architects

Architect

平岡 美香

Hiraoka Architects

平岡 孝啓 / Hiraoka Architects

Architect

平岡 孝啓

Hiraoka Architects

施工地域
静岡県伊豆地方(日本)
施工年
2017
カテゴリー
戸建/別荘

新築 混構造
施工 : ATインターナショナル株式会社(ASJ品川スタジオ)
設計スタッフ : 溝渕弘章
構造設計 : 株式会社 ステラジアン 原田順三
照明 : 株式会社 ライト 

探された土地は、自然豊かな伊豆の南端の見晴らしの良い高台でした。
海の眺望を得るには、生活空間を2階に持ち上げなければなりません。要塞のような岩ボックスの上に透過する建築を載せるようなフォルムにて、2階はガラスを透過した空が見通せ、1階では岩ボックスの隙間の奥の緑へ視線を導くようにしました。
1階のボックスは、玄関や趣味の倉庫に利用しています。階段の途中に設けた書斎は、デスクの高さを外のデッキ床と揃えて、日常とは異なる視点を下げた景色を楽しめるようにしています。
2階は南東と北西の両面をガラス張りにして視界を開き、一日の陽の移り変わりや季節の変化をパノラマ的に感じ取れるようにしました。
プライベートゾーンは両側の窓から離して中央に配置し、生活の機能が眺望の妨げにならないよう工夫しています。
風景はそれぞれの居場所ごとに大きく変化し、時間帯によってもシーンが切り替わります。
伊豆は海の幸の宝庫です。釣った魚と、庭で育てた野菜とともに季節を楽しむ日々…。自治体との換地交渉や国立公園の建築許可を含め、竣工までは予期せぬ困難もありましたが、辛抱強く待ってくださったご夫妻に感謝するとともに、気持ちの良い家ができたことを嬉しく思います。