• ORTHO image1
  • ORTHO image2
  • ORTHO image3
  • ORTHO image4
  • ©Photo: Masao Nishikawa

Work #88

ORTHO

Liked 43

©Videographer: Seiya Aoki

ORTHO thumbnail1

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail2

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail3

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail4

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail5

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail6

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail7

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail8

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail9

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail10

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail11

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail12

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail13

©Photo: Masao Nishikawa

ORTHO thumbnail14

©Photo: Masao Nishikawa

黒崎 敏 / APOLLO Architects & Associates

Architect

黒崎 敏

APOLLO Architects & Associates

施工地域
日本
施工年
2020
カテゴリー
戸建/別荘

関東近郊の閑静な住宅地に建つ家族で暮らす平屋の住まい。家族と一緒に充実したオフタイムを過ごすための場所として新たに購入した敷地は、ひな壇形状の変形地。クライアントは中庭のある生活を希望していたため、特徴的な地形と段差を利用した住宅になった。


外観の特徴は、2つの大きなコンクリートのボリュームがずれながら重なる、杉板型枠RC打ち放し仕上げのマッシブな姿。そして道路よりも平均地盤が高い敷地特性を生かし、道路面からエントランスまでは十分に距離を取り、4台が並列駐車できる地下ビルトインガレージを設けた。また、階段やエレベータで上階にアクセスしてから玄関が現れる設計にすることで、セキュリティーにも配慮した。


メインフロアには小さな中庭と南側に大きなガーデンテラスを設けることで、プライバシーに配慮しつつ平屋ならではの外部環境を体感できる中間領域をつくりだしている。 奥様の希望であるクローズキッチン内では調理だけでなく食事も可能なバーカウンターを設けた。キッチンは中庭を介して格天井のファミリールームと緩やかに連続し、空間にリズムと奥行きが生まれている。


緩やかなステップの先には天窓からの陰影を楽しめる廊下があり、さらに奥に移動すると現れるのがユーティリティー、主寝室などのプライベート空間。これら全ての空間が南側ガーデンテラスに面し、隣家からの視線を気にすることなく思う存分アウトドアライフを楽しむことができる住宅だ。

竣工 : 2020年3月
敷地面積 : 792.67㎡(239.78坪)
建築面積 : 270.45㎡(81.81坪)
B1F床面積 : 160.65㎡(48.59坪)
1F床面積 : 250.29㎡(75.71坪)
延床面積 : 410.94㎡(124.31坪)
構造 : RC造
規模 : 地下1階、地上1階建
用途 : 専用住宅
構造設計 : 株式会社野村基建築構造設計 野村基
照明設計 : シリウスライティングオフィス 戸恒浩人
施工 : 鈴縫工業株式会社