• GRID image1
  • GRID image2
  • GRID image3
  • GRID image4
  • ©Photo: Masao Nishikawa

Work #3

GRID

Liked 43
GRID thumbnail1

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail2

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail3

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail4

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail5

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail6

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail7

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail8

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail9

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail10

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail11

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail12

©Photo: Masao Nishikawa

GRID thumbnail13

©Photo: Masao Nishikawa

黒崎 敏 / APOLLO Architects & Associates

Architect

黒崎 敏

APOLLO Architects & Associates

施工地域
非公開
施工年
2016
カテゴリー
戸建/別荘

クライアントは数多くの美術品を保有しており、それらを生かした美術館のような家で家族と新生活を始めることを希望された。RC造の平屋にしたのは、閑静な敷地周辺に対して威圧感やノイズを与えないための配慮である。外部同様、内部に関してもあくまでアートの背景となるようモノトーンのカラーリングを選択。マテリアルも厳選し、最低限に留めることで、空間にはストイックな印象が生まれている。

中央にファミリールーム、中庭を挟む両翼に主寝室&子供室と趣味室をそれぞれ配したコートハウスプランは極めてシンプル。シンメトリーによる西洋的な格式性が生まれている一方で、片側にのみステップやプライベートコートなどを設けることでアシンメトリーな「日本的くずし」も表現した。

中庭に面したファミリールームは天井が高く、南北の高窓から降り注ぐ自然光を遮る出幅1800ミリの庇は、先端を薄くすることで建物に対し軽快な浮遊感を与えている。また1200ミリ角の格子状に分割された格天井はさながら武家屋敷のよう。屋根の荷重を支える構造本来の役割に加え、建物そのものをミニマムアートへと昇華させる効果も担っている。

オーナー自ら厳選したアーティストやデザイナーによる美術品、家具、照明器具は、建物と一体となることでノイズの少ない個性が表現されている。ここは家のかたちをした美術館ではなく、やはり「美術館のような家」なのである。

竣工 : 2016年12月
敷地面積 : 308.81m²(93.42坪)
建築面積 : 126.44m²(38.25坪)
1F床面積 : 126.44m²(38.25坪)
延床面積 : 126.44m²(38.25坪)
構造 : RC造
規模 : 地上1階建
用途 : 専用住宅
構造設計 : 正木構造研究所 / 正木健太
設備設計 : 松本尚樹
照明設計 : シリウスライティングオフィス / 戸恒浩人
施工 : 大同工業株式会社